女性は大豆食品を食べてにきび予防をしよう!

バナー

女性は大豆食品を食べてにきび予防をしよう!

にきびができやすいという女性に多いのが、女性ホルモンのバランスの乱れです。

女性はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンの分泌によって身体の状態を変化させて月経周期をつくっています。

エストロゲンは生理後から排卵前まで盛んに分泌されますが、排卵後には、エストロゲン分泌量が減少してプロゲステロンの分泌量が増加します。



エストロゲンは皮脂の分泌を抑える働きがありますが、逆にプロゲステロンは皮脂の分泌は盛んするする働きがあるので、排卵後のほうがにきびができやすい時期といえます。

NAVERまとめに関する情報を公開中です。

また、エストロゲンは卵巣(卵胞)から分泌されるホルモンなので、加齢や過度なダイエット、睡眠不足などの影響で卵巣の機能が低下すると、エストロゲンの分泌量が減少してしまいます。

すると、ホルモンバランスが崩れて常にプロゲステロンが優位になってしまうので、普段から皮脂の分泌量が過剰気味になり、にきびができやすくなってしまうわけです。

こうしたホルモンバランスの乱れによるにきびの予防に効果的な食品は、豆腐、納豆、豆乳などの大豆食品です。大豆食品の原料である大豆には、大豆イソフラボンという成分が豊富に含まれています。



大豆イソフラボンは体内でエストロゲンのように作用する成分で、エストロゲンの不足を補うとともに、エストロゲンの分泌を促す働きがあるので、大豆食品を食べることでホルモンバランスを整える効果が期待できます。また、大豆食品には良質なたんぱく質もたっぷり含まれており、低カロリーでさっぱりしているヘルシーな食品なので、にきびにお悩みの女性の方は毎日朝食で豆腐や納豆を食べる習慣をつけるなど、積極的に大豆食品を毎日の食事に取り入れることをお勧めします。