にきびを予防する洗顔とは?

バナー

にきびを予防する洗顔とは?

にきびは目立つし痒いしアトは残るし大変です。

そんなにきびを予防するには、洗顔の方法を見直す必要があるかもしれません。


まず、これはどうして起こるのか。



それは、毛穴つまりです。

思春期にきびも大人にきびも結局毛穴のつまりによるものなので、毛穴に汚れを貯めなければいいわけです。

そこで洗顔には、キメの細かくて粘着性のある泡が作れる石鹸が向いています。

液体石鹸よりは、油分の少ない固形石鹸のほうがよいです。



洗い方は、まず手をしっかり洗うことから始めてください。手が汚れていると、雑菌を毛穴に侵入させてしまいます。

OKWave情報のご紹介です。

そしてTゾーン(額と鼻筋)とUゾーン(顎周り)を優しく泡で洗ってあげます。


ここでがしがしと手で洗ってしまうと、皮膚が傷ついてしまいますので注意してください。


あくまでも泡で、泡の上からおしつけるようにしてはいけません。


泡を流す場合は人肌以下くらいに温めたぬるま湯でぱしゃぱしゃと洗いましょう。


仕上げに刺激の少ないタオルで水分をふきとって終わりです。このあと化粧水や乳液をつけて保湿することも効果的ですが、思春期にきびの場合は油分が多すぎるときもありますので人によりけりです。

このほか、固形石鹸は風通しのよいところに保管しないと雑菌が繁殖してしまい逆効果になってしまったり、シャワーを顔に当てると刺激が強すぎて皮膚に良くない場合もあります。

肌はデリケートなので管理は大変ですが、ぜひ正しい洗顔方法できれいな顔を保ちましょう。